美容皮膚科と上手な付き合い方

美容皮膚科のターゲット層を知る

化粧水で潤い

皮膚科はアトピー性皮膚炎やニキビ、水虫などの皮膚に発症する病気の治療をメインに行っています。一方、美容皮膚科は病気の治療ではなく、皮膚に関連した美容目的の医療行為を受けることができる点に大きな違いがあります。レーザーを使った医療脱毛や、シミやたるみなどを消すための若返り治療などが行われています。注射だけで済む簡単な治療もあるので、気軽に通えるのも魅力です。

美容皮膚科を上手に活用していくことで、健康的で若々しくきれいな外見を維持することが可能です。治療をける為に通っている患者は女性が多く、20代から60代以上まで幅広い年齢層の人が利用していることがわかっています。肌の悩みは年齢や個人差によるものが大きいですし、エステではレーザーを使えないので永久脱毛することができません。これらの理由で若い患者さんも多いのです。

主なターゲット層ですが、どうして美容皮膚科に通う目的ごとに異なっていると言えます。レーザー脱毛なら、20代から30代の若年層がメインですし、アンチエイジングの為の美容点滴やボトックス、サーマクールなどは30代から40代以降が多くなるでしょう。ある意味全ての年齢層がターゲットといえます。

ボトックス治療 美脚にも慣れる